• ベンリ
  • ケイザイセイ
  • カンキョウ
  • カンドウ
  • キョウラク
  • シャカイセイ
  • シュウエキセイ

カレンダーにちなみお値段そのままプレミアム感の創出するロールケーキ

投稿日:2013年11月22日 作成者:カクカクキカク

1か月に1度の“お楽しみ”限定販売で女性ファンをつかむ

22日ウチカフェ「プレミアムロールケーキ」。

ローソンは11月22日(本日)の“いい夫婦の日”にちなみ、
ハート型にハーフカットしたいちごを2つトッピングした「プレミアムロールケーキ(いちごのせ)」を販売している。
そもそも、カレンダーでは22日の上に15日がくる。15日を「いちご」に見立てると、22日は「いちごが載ったショートケーキ」ということになる。そこで、毎月22日をショートケーキの日、とする風習が広まった。
そこでローソンでは、毎月22日を「プレミアムロールケーキにいちごが載っている日」として、この日に販売する分だけいちごを載せたバージョンにすることを決めたという。

このプレミアムロールケーキはそれ以外にもありふれた商品をコンビニスイーツという定番化したメニューでありながら本格的な味。さらにコンビニスイーツなのにスプーンで手間をかけて食べるパッケージなど想定内の意外性がウケた。

それは消費者行動にも表れた。コンビニ客は7対3でオトコの世界であるが、発売当初は男子のデザート買いや夕方ふらりと2個買いの客に支持された。やがて女子にも広がり「身近でこんなレベルの味が楽しめる」というクチコミで一気に爆発したのだ。

▲▼プランナーズアイ▲▼
お客様に感謝の気持ちを込めてポイント2倍、プレゼントキャンペーン・・・等の顧客還元方法ではなく、商品直接還元の豪華版として、しかも1日何度も納品のあるコンビニで売り出している点が凄い。

さらに11月22日のいい夫婦の日にちなんで年に一度の豪華版は
“奥さまへのプレゼント”としてオトコの世界コンビニを象徴する仕掛けである。

このように商品に”手作り感”“限定感”を上手に出し、さらに
素直な顧客還元方法はシンプルでわかりやすい。

財布にあふれるポイントカードをごそごそあさって、
やっと見つけた時にお客様のポイント失効しております。
と言われる損得勘定がごちゃごちゃしてしまうならいっそのこと・・・
商品がレベルアップする方向にどうにかならないのだろうか?

 


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・ 「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、 「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」 の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/

カテゴリー:カンドウ , シュウエキセイ

実利だけでない 気分アップ 付箋。

投稿日:2013年10月11日 作成者:カクカクキカク

戦略
付箋を使うシチュエーションを盛り上げる商品。

1枚1枚をサポーター(人型)にした付箋「付箋するサポーター」

普段はノートや手帳・辞書などにつけ、疑問、覚書きなど必要なことを記して、のりつけされた一旦を文書・書物にはりつける小紙片としてつかう付箋。
または何も書かない場合は目印として挟むんでつかわれている。

資格試験、テスト勉強で利用する場合は覚える重要箇所等を抑えるのに使われ、その数が多ければ多いほど“頑張らないと”いけないシチュエーションになる。

その気分を受け止め、励ましてくれるサポーターとして登場するのがこの平和堂さんの付箋

付箋が増えれば増えるほど・・・勉強へのプレッシャーはかかるのですが、応援ステージが盛り上がっていることになるなんとも気持ちのこもった文房具です。

さらに、勉強をしている人へ応援するプレゼントとしても最適である。

 

 

 

▲▼プランナーズアイ▲▼
この付箋が並ぶ風景を応援ステージを見立てた点が魅力である。

女子が「かわいいから・・・」と様々な文房具を集める中で沢山並べることを想像したつくりは
自分の表現の一部としてペットを飼うようなものである。

今後、その応援サポーターを戦隊ヒーロー、ゆるキャラ、様々なバージョンが出来上がると
応援ステージがお気に入りのコレクション棚になり、LINEのスタンプの様な盛り上がりを見せるかもしれない。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:カンドウ , キョウラク

ねじキューピー

投稿日:2013年1月22日 作成者:カクカクキカク

戦略
「部品」という題材を独立した人気商品アイテムに転換して、新たなニーズを創造。

「部品」という題材が主役に!

神谷町にある、ねじ専門店「三和鋲螺」が制作、販売しているアクセサリー・キューピー。


三和鋲螺

キューピーにミノムシ状のねじ着ぐるみをまとわしたアクセサリーで、かなりの話題と人気を呼んでいる商品。


ねじキューピー

「三和鋲螺」では、インチねじを初め、ねじの取り扱いの種類は膨大。

ねじと聞くと、大田区や墨田区の“努力の中小工場”を思い出すが、まさにこの店は、それら中小工場の汗と涙のショールームという感じがします。

またここでは、ねじキューピー以外にも「ねじライター(現在は廃版)」や「電動ドライバーのボディカラーが選択できる」等、遊び心満載の商品も多く提供しているユニークな店です。


ねじキューピー発案者の石井健友さん
「ねじの日(6月1日)を広めたい」という思いからねじキューピーを発案されました。

▲▼プランナーズアイ▲▼
この店の商品ひモノづくり、中小企業・工場の活路、未来が見えそうです。

多くのねじ工場では受注の少なくなった大手メーカーに変わる、新規納入先を探すのに四苦八苦、あるいは値引きによる受注確保などが必死で行われています。

確かにねじは構造物の部品であるからして、単独で商品や題材にはならないだろうと思われがちです。

しかし、ここではねじそのものが単独商品の題材となりえたり、他の用途とのコラボレーションで、りっぱに“売れる商品”になることが証明されています。

ある経営不振の電球製造のガラス工場が、超薄型ウィスキーグラスを造ったことで、トップ企業にのし上がった等の話を聞くと、嬉しかったことを思いだします。

部品納入という“大手メーカー従属”から独立成長企業に中小、零細企業・工場が変わるのではないかと感じさせる商品アイテムでした。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:カンドウ , シュウエキセイ

化粧室でサンプリング

投稿日:2012年9月18日 作成者:カクカクキカク

戦略:ターゲットセグメント⇒お試し⇒バズ効果⇒20~30歳代アッパー女性は“自分へのご褒美or癒し”でお買い上げ。

高額商品は「まず、お試ししてみてから・・・」を攻略

パナソニックが「マッサージソファ」の新製品(価格約22万円)を販売促進するために2011年7月、東京・池袋地下街にある女性専用有料化粧室「クリュスタ」(利用料1時間300円)にトライアル導入した。

他にも各部位をマッサージする「プチリフレ」(価格約1万円)、「フットインリフレ」(価格約1万5,000円)も設置した。

クリュスタ」利用者は20~30歳代女性なのでターゲットが一致かつセグメントできるところが導入のポイント。

▲▼プランナーズアイ▲▼
昔はどこの銭湯にもマッサージ機があったが、誰も買わなかったし、買おうとも思わなかった。

今は1R~1LDK(推定面積25~40㎡)に住む、年収500万円前後のOLが奥行き 118~137cm(リクライニングした時)の大型家具(もはや家具です!)で仮眠、同室内50cmとなりにあるシングルベットで熟睡するという濃縮された癒しを味わう時代。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:カンドウ

フェイスブックの友人全員を訪ねる旅に挑戦!

投稿日:2012年6月19日 作成者:カクカクキカク

戦略:バーチャルコンタクトからアナログコンタクトに転換、体感することでドラマ創出。

SNS活用による上辺だけの友人から、実際に会って本当の友人へ

アーリン・プレッサー(51歳)さんは「広場恐怖症」という持病から、人の多い場所や旅行に出かけることをしなかったが、フェイスブックを始める事で世界各国に300人以上の友人ができ、外界の人達と親しくなる機会ができた。

いつしか彼女は、今までフェイスブック上で勇気付けてくれた人達に実際会って交流したいという欲求にかられ2010年の暮れに「フェイス・トゥ・フェイスブック」(プロジェクト名)と名付け、当時325人いたフェイスブックの友人全てを訪ねに出かけた。

13ヶ国(台湾、韓国、フィリピン、ドバイ、イタリア・・・)、39回も飛行機に乗り、292人と実際に会うことができた。

この彼女の挑戦が有名になってから友人の数は一気に増加し現在は3,000人以上。

▼▲プランナーズアイ▼▲
この企画は絶対に日本のテレビ番組でパクられると思う。

かなり夢のある企画なので、今、富裕層シニアの間で流行っているJTBロイヤルロードのオリジナル旅行コンテンツになるかもしれない。

—————————————————————————
世の中に溢れだす企画を
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」の7カテゴリーで捉え、紹介する

厳選企画ダイジェスト

「 kakukakukikaku(カクカクキカク)」

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/

—————————————————————————-

カテゴリー:カンドウ