• ベンリ
  • ケイザイセイ
  • カンキョウ
  • カンドウ
  • キョウラク
  • シャカイセイ
  • シュウエキセイ

スマフォで焼肉気分を堪能「鼻焼肉セット」

投稿日:2013年10月18日 作成者:カクカクキカク

戦略
熟成肉、ヘルシー肉など肉ブームに合致した体感アプリ

新しい食文化となるか?

着パフ(株)と(株)カヤックが、iPhoneで焼肉気分が楽しめる「鼻焼肉」を共同開発。

楽しみ方は、「鼻焼肉」アプリをインストールし、「Scentee(センティ)」(URL:http://www.scentee.com)といわれる香りがでるデバイスをオーディオジャックに装着。
iPhoneに表示されるボタンを押すと、焼肉の香りが噴出されるというシンプルな仕組み。

金欠で焼肉が食べられない方、ダイエット中で食事制限をされている方でも、焼肉気分を楽しめる優れモノだ。発売は2013年11月15日(金)、価格は3,480円(税別)で「Scentee本体+カートリッジ(カルビ・牛タン・じゃがバター3種の香り)」。詰め替え用カートリッジは、3種セットで1,000円(税別)で販売される予定。(販売サイト:Amazon、Scenteeのホームページ)
更に楽しめるように、香りの数を増やす予定。

▲▼プランナーズアイ▲▼
まさかスマフォで焼肉気分が味わえるとは思わなかった面白い商品。

香りだけで本当に満足できるものかと言えば「?」と思う部分もある・・・むしろ、より本物の焼肉が食べたくなるのではないか?

しかし、丸美屋のふりかけのように、ただの白米にエッセンスを加えることで、まるでそれを味わっているかのような気分を得られる、新たな食文化の一つとして浸透するかもしれない。

それこそ、丸実屋・焼肉ふりかけ(炭火焼風)と併用すれば、肉はなくとも「香り」と「味」で焼肉気分を楽しめるのではないだろうか?

因みに「香り」市場でいえば、生活用品を中心に拡大傾向。玄関用芳香剤、アロマディヒューザーなど「香り」商品は様々ある。
最近では「香り」を付けるのに香り付き柔軟剤を使用している人も多く、ダウニーに関していえば、洗剤に合わせてではなくダウニーの「香り」に合わせた洗剤が販売されている程。ユーザーの中には複数の香り付き柔軟剤を自分でブレンドし、オリジナルな「香り」を楽しむ人もおり、盛り上がりを見せている。

柔軟剤市場は08年618億円から、12年714億円に拡大。
※出典:経済産業省鉱工業動態統計調査室の統計


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:キョウラク , ベンリ

実利だけでない 気分アップ 付箋。

投稿日:2013年10月11日 作成者:カクカクキカク

戦略
付箋を使うシチュエーションを盛り上げる商品。

1枚1枚をサポーター(人型)にした付箋「付箋するサポーター」

普段はノートや手帳・辞書などにつけ、疑問、覚書きなど必要なことを記して、のりつけされた一旦を文書・書物にはりつける小紙片としてつかう付箋。
または何も書かない場合は目印として挟むんでつかわれている。

資格試験、テスト勉強で利用する場合は覚える重要箇所等を抑えるのに使われ、その数が多ければ多いほど“頑張らないと”いけないシチュエーションになる。

その気分を受け止め、励ましてくれるサポーターとして登場するのがこの平和堂さんの付箋

付箋が増えれば増えるほど・・・勉強へのプレッシャーはかかるのですが、応援ステージが盛り上がっていることになるなんとも気持ちのこもった文房具です。

さらに、勉強をしている人へ応援するプレゼントとしても最適である。

 

 

 

▲▼プランナーズアイ▲▼
この付箋が並ぶ風景を応援ステージを見立てた点が魅力である。

女子が「かわいいから・・・」と様々な文房具を集める中で沢山並べることを想像したつくりは
自分の表現の一部としてペットを飼うようなものである。

今後、その応援サポーターを戦隊ヒーロー、ゆるキャラ、様々なバージョンが出来上がると
応援ステージがお気に入りのコレクション棚になり、LINEのスタンプの様な盛り上がりを見せるかもしれない。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:カンドウ , キョウラク

いつでもどこでも 本格的&贅沢なひとときが実現できるプレミアムペットボトルの抹茶飲料

投稿日:2013年10月4日 作成者:カクカクキカク

戦略
一見、無色透明な水、飲む直前に抹茶を点てる画期的なお茶のペットボトル飲料。

ボトルデザインによる新・プレミアム抹茶飲料

「遥香」は、いつでもどこでも新鮮な抹茶を手軽に飲める画期的なペットボトル飲料である。
茶の鮮度を完全密封で維持する独自の「フレシエ・キャップ・システム」を実現することで抹茶と水が別々になっていて、飲む直前にミックスして楽しむことが可能となった。

これにより、保存料などを一切使うことなく、飲む瞬間に抹茶そのものの豊かな風味が再現される。
さらに、飲む直前に水と鮮やかな抹茶が混ざる視覚的楽しみもある。
飲み方は、至って簡単。
キャップをひねって、縦に振るだけ。完全密封で閉じ込められていたひきたての抹茶の香りと味がその場に蘇るのだ。

茶葉には、茶師十段・山口真也さんとともに吟味を重ね、全国一の玉露の産地として知られる福岡県八女・星野の伝統本玉露製法でつくられた高級抹茶が使用されている。茶葉の旨みを最大限に引き出すボトルドウォーターは、伊吹山系より採取した水を硬度約1mg/Lにした純水で、クリアなおいしさを追求したものが使用されている。
容器の性能UPは素材へのこだわりも活かすことが可能となった。

“”

まるでお茶室でいただいているような贅沢気分に。

さらに、キャップが小ぶりのグラスになっているため、そこに少しずつ注ぎながら飲むと、本格的なお茶の時間が楽しめる。 遥香は、茶摘みの最盛期である八十八夜=5月2日より、Webサイト(http://www.freshie.jp)および百貨店など、歌舞伎座等、プレミアムなひとときにふさわしい場所で販売されている。

▲▼プランナーズアイ▲▼
「お茶を点てること」を楽しむシチュエーションに趣向を凝らした茶室(場所)はいくつも見てきたけれど、抹茶の風合いはそのままに「お茶を点てる」行動そのものをデザインで解決したプロジェクトとしてこの抹茶飲料は秀悦である。
今までは薄茶(通常のお茶)等、抹茶本来の風味などはやや薄れた飲み方で日常にお茶を楽しんでいたが、デザインと技術により、現代にふさわしいお茶の点て方でお茶を楽しめることになったのだ。

このような容器の革新により、今後 茶室、器等 “豪華絢爛”で敷居の高い楽しみ方ではない“アバンギャルド茶道”が発展する日も近いだろう。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:キョウラク , シャカイセイ

世界一即戦力な男

投稿日:2013年4月19日 作成者:カクカクキカク

戦略
自己PRの特設サイトで人事担当者を募集

採用をすること自体が即戦力

東洋大学文学部の菊地良氏が、就職活動の一環で「世界一即戦力な男」と称して立ち上げた自己PRサイト。

企業の人事担当者に向けた、自身が即戦力な理由を、経歴やワークビジョン、ポエム、推薦者の声といった形で掲載しているのだが、経歴では左手を骨折したこと、TOIECスコアを160点取得したなど、即戦力としては考えられない内容となっているのだが・・・

Facebookの「いいね」は1万9千件以上、Twitterのツィートは5000件近くにまで達し、更に採用オファーと出した企業は50社以上もあり、驚異の反響を得ている。

現在では、最も熱烈にオファーをかけたWEB制作会社LIGに入社が決まったそうです。

▲▼プランナーズアイ▲▼
 通常では考えらない就職活動の手法だが、WEBという媒体を上手く活用した、ぶっとんだ面白い例。

内容は正直、意味不明で、一体、何が即戦力かもわからないが、それが面白さを生みだし、FacebookやTwitterの反響へと繋がった。

WEB業界に限らず、企業にとっては、いかに自社を目立たせ集客へ繋げることが重要な訳だが、今回、採用をした株式会社LIGは、元々WEB業界内では名前の知られている企業ではあったが、菊地氏を採用することで、業界外にも知られることのキッカケとなった。

そう考えれば、菊地氏は、採用した企業にとっては間違いなく即戦力な人材だったと言える。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:キョウラク , シャカイセイ

クラヤミ食堂

投稿日:2012年11月9日 作成者:カクカクキカク

戦略 美味しいレストラン、高級レストラン→ランキング。

これを排して楽しいレストランさらには不安を煽った、レストランのエンターテーメント化。

闇鍋の現代版

博報堂の「こどもごころ製作所」が計画する 「クラヤミ食堂」はシーズンごとに数日間だけ“開店”する幻のレストランだ。
このプログラムは視覚障害者の雇用の拡大や理解を目指し、1999年にスイスで始まった非営利運営のレストランの輸入版。

年間7日間しか営業しない。

またここでは“初対面の人と同じテーブルにつくこと”など工夫もあり、コミュニケーションの原点を探ることにもつながる。

 

▲▼プランナーズアイ▲▼

視覚障害者への理解を目指すことではなく、自分への新感覚体験エンターテイメントとして体験型“自己投資”であることが人気のポイント。
視覚を奪われるとコミュニケーションは“声”の伝達のみ。

この中で初対面の人々と食事のテーブルを囲む。

このコミュニケーションのアナログさが人気というのだ。

ここで体験するのは“新感覚体験”ではなく、前からバンカラ学生がやってた「闇鍋」。つまり極めて原点回帰な企画なのです。

 


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:キョウラク