• ベンリ
  • ケイザイセイ
  • カンキョウ
  • カンドウ
  • キョウラク
  • シャカイセイ
  • シュウエキセイ

結果的に都会の川で泳げるプール誕生!

投稿日:2013年9月20日 作成者:カクカクキカク

戦略
川の水を浄化利用する巨大「+型プール」を川に浮かべる

ある意味で、インフィニティプールより親水性あるプロジェクト。川で泳げる?!

ニューヨークの川に「+」型のプールを浮かべよう、という「+POOL」プロジェクト
建築家やデザイナーチームが主体になり、2010年にアイデアを公開し、現在、出資者や協力者を募りながら、調査を行っている。

「川にプールを浮かべる」ことで、川から見える景色を眺めながら、泳ぎを楽しめる。
だけれど、川に直接入って川を汚すこともないし、体を汚すこともない。
技術革新により、環境共生の1つの答えである。 建築という側面で見ても、土地に固定した建物をつくらず、川に浮かべるので、設置や撤収が容易。このフレキシブルな建築方法も魅力的である。

インフィニティプール・・・プールの淵が海側(そうでない場合もあります)に切られており、まるで海とつながっているかの様に見えるプールの事

 

 

 

▲▼プランナーズアイ▲▼
2020年のオリンピック開催が東京に決まり、賑わいムードでありますが・・・なんと22箇所が2733億円かけて新設されるらしい。そのうち11箇所は常設施設。

人口減少、財政赤字等々・・・使う人も減るし、そもそもお金は大丈夫だろうか?とどこか課題は山積みと思われる我が国であるが、オリンピックのイベントに訪れる人々に“おもてなし”の一貫として施設整備する様子。
その数々の課題解決を示唆するようなプロジェクトである。
環境に優しく、私たちも自然環境の中に溶け込み、エコでエコロジー、エコノミーな共存を示唆している。
とは言っても、開発される東京湾岸エリアは楽しみである。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


中小、ベンチャー企業だって欲しかった社員食堂を手に入れる方法

投稿日:2013年3月15日 作成者:カクカクキカク

戦略
WEBサイトをつくる(リニューアル)仕事で半年間のまかないを報酬としてうけとるプロジェクト

お金ではない報酬の得方「まかないプエオジェクト」

六本木のベンチャー企業TIMERSがウェブサイトを制作(またはリニューアル)をする代わりに、 自慢のまかないを半年間無償で食べさせてくれる六本木周辺の飲食店舗を募集するプロジェクト。

具体的にはウェブ制作に加え、来店時のソーシャルメディアへの情報発信やメンバーの関係者への紹介も適宜、行っている。

そもそもこのPJの始まりは、ベンチャー&中小企業だって社員食堂が欲しい。

と思ったことからはじまったらしい。

確かに毎日のランチは、仕事への重要な活力源でもあり、お財布にも健康にも大きく関係するもの。

最近は、ただ安いだけではない、こだわりの社員食堂も増えおり、焼きたてパンやデザートが充実しているカフェテリア形式だったり、低脂肪、カルシウムに注目した健康的なメニューがあったり、さらに、社員証を使って、食べた料理の金額や料理のカロリー数をチェックできるようになっている社員食堂もあるようだ。
また自社製品を使ったメニュー提供も積極的に行うことで社員の製品理解を深めるために一役買うことにも、つながっている。

このように様々なコンセプト、メニュー展開で注目をあつめる社員食堂が登場している中、今回は会社規模に環境設備投資できる限度がある中、小規模を逆手にとり、アウトソーシングする方法を模索している点が新しく、注目を集めている。

▲▼プランナーズアイ▲▼
金のやりとりが無いビジネス。ついにここまできたか。

以前、FREEというビジネスモデルが注目あったが、あれは実は別の金の窓口がある仕掛け。

今回のは正真正銘、金のやりとりはない。

今、若年経営者のブツブツ交換的ビジネスやあまった時間活用ビジネスなど、超隙間産業や経済の原点回帰見たいのが流行っているが、わかる〜。

今どき、ビッグビジネスなんて流れ作業だし、クリエイティブでない。

スモールビジネス=クリエイティブとの認識が生まれているのでしょう。

しかし、このビジネス(?)よく考えると、実世界での「ソーシャルネットワーク」ですね。

積極的に地域に溶け込む“ご近所づきあい” 活性化案です。

「一宿一飯の恩義」、「飯の種」、「おまんまの食いっぱぐれ」などなど、ビジネスで普通に使われている擬態語がホントになっちゃった感じのビジネスモデルでした。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:ケイザイセイ , 未分類

WESC Karmatech

投稿日:2013年1月18日 作成者:カクカクキカク

戦略
シューズを活用した、新しいSNSの使い方

新たなO2Oプロモーションの可能性?

スウェーデンのデジタルスクール「Hyper Island」の学生とWESCというストリート系ファッションブランドとの共同プロジェクトで埋め込み型RFIDチップを搭載した靴を開発

WESC Karmatech

チップを搭載した靴を、所定の場所にセットしてある、専用ボードリーダーに読み込ませることで、オンラインへアクセスし、携帯通信端末を使わずにTwitterやFacebook等のSNSに、今、自分がドコにいるか等を、自動で投稿してくれる仕組み。

新たなO2Oプロモーション商品として、今後の利用に期待ができる。

▲▼プランナーズアイ▲▼
身近なものでNFCを利用したものといえば、主に公共交通機関に利用する、SuicaやPASMOなどのFelicaがある。

※NFC=Near Field Communication(近距離型無線通信)の略称

またRFID搭載のシューズならフィットネスの計測に利用する、ナイキやアディダスの商品が思いつく。

しかし,この「WESC Karmatech」は、それらとはまた違った形でNFCを利用している。

今後の利用方法として、飲食店等に設置し来店するとクーポンが貰える等が考えられるが、(個人的な意見にもなるが)スポーツクラブでの導入をしてみてはどうか?

スポーツクラブではカード型のNFCを利用して入退館の管理を行っているが、シューズ型にすることで取り出しの手間や紛失を防ぐことができる。

またデザインを独自のものにし、クラブへ通う時に履く事で、宣伝も兼ねることができる。

このように良好な機能となりうるが、例えば、ボーリング場のレンタルシューズなどでの利用でその靴を履けば、すべてストライク。

立食パーティなどで招待客の識別がウエイターに出来、好みのカクテルを即座にサーブ出来るなど、面白いこと満載になる可能も秘めている。

しかし、一番、市場改革となるのは未だ、靴使用率50%と言われる中央アフリカなどでの普及であろう。

このシューズが残り50%に普及すれば、一気にサバンナはハイテクフィールドとなり、中国どころの市場規模ではない世界の工場、世界の消費メッカとなること請け合い。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


クールシェア

投稿日:2012年8月14日 作成者:カクカクキカク

戦略:危機感、節約などの「仕方なくする」ことを楽しく、知的で貧乏臭くない「積極的参加」に転換

 環境変化へのライフスタイル対応

熱中症の年々の増加や震災以来の電力問題、そこから来る電気料値上げに対する諸策。その中で街ぐるみ、地方自治体ぐるみで取り組まれつつあるのが「クールシェア」だ。中でも国内観測史上最高気温40.9℃を記録した埼玉県熊谷市の取り組みなど、話題になっている。

展開のパターンは概ね、4つ。①:「個人家庭のクールシェア」は各室の冷房を止め、一室に家族みんなが集まり、そこで冷房なり、夕涼みなどを行う。②:「自然でクールシェア」は家から出て、公園などの木陰、水辺などで涼むことを実践する。③:「施設でクールシェア」は家を出て図書館や喫茶店など店舗、施設の溜まり場で涼み、コミュニティ活性化と店舗の活性化にも助力。④:「街でクールシェア」は地方自治体が街の至る所でクールシェア・スポットを設置し、熱中症防止、電力節約を推奨する。

▼▲プランナーズ・アイ▼▲
要は“涼しいところにみんなで集まって過ごそう、そのために 楽しく、貧乏臭くならないようにしよう。“ということ。
街の店舗の活性化にはなるだろうし、コミュニケーションも活発になる。特に貧乏臭くなくするにはコミュニティをソサエティ(もっと社交的に)することだ。

施設や自然に集合する時は、服装、アクセサリーも考えるようになる。クールビズの影響でカジュアル一本やりの風潮の中でネクタイやシャツ、本格革靴、スカート、ジャケットなど、衰退しつつある商品は、また息を吹き返すだろう。みんなで楽しめるアナログなゲームなんかも復活するだろう。

都心のタワーマンションや高級マンションも部屋のゴージャスさを競うのではなく、今まで単なるロビー扱いしかされなかった共有部の空調機能の能力や、そこでのソサエティ性が問われてくるはず。もう、金持ちでもタワーマンション最上階の部屋でバスローブ着て、ふんぞり返っている時代ではないのです。

だから、これからは一階の共有部でみんなでトランプしたり、お茶したりするイベントを企画、実行する能力が問われるのです。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


紙(2D)があっという間に立体芸術(3D)に変化。

投稿日:2012年7月9日 作成者:カクカクキカク

紙の可能性への追求

戦略:紙の再利用、高性能技術&デザインの実現、自在に描ける・広げられる驚き

実態:切り込みの入った丸い紙を立体的に広げて形を整えると自立する器になる「空気の器」。
広げ方や表と裏の色を変えるだけで、さまざまな表情を見せ、小物入れやオブジェなどいろいろな用途に用いることが可能。
トラフ建築設計事務所のデザインと、福永紙工のつくる技術によって、紙を使った道具の可能性を追求する「かみの工作所」が2010年に発表。
現在では世界中のミュージアムやデザインプロダクトを取り扱うショップに並び、ファンを増やし続けている。


▲▼プランナーズアイ▲▼
おばあちゃんが、チラシを使って“みかんの殻入れ”を折り紙していた時代はもう過去。
紙(チラシ)そのものにあらかじめ切り込みを入れるだけで自在に広げられる器に変身したのである。
これこそ世界に誇れるMADE IN JAPAN/技術とデザインの見事な融合である。
派手な広告すぎて気が引けるポケットティッシュよりも、よっぽどお洒落でもらいたいおまけつきチラシになるだろうな。
なにより畳んだらチラシに戻るわけだし。

—————————————————————————
世の中に溢れだす企画を
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」の7カテゴリーで捉え、紹介する
厳選企画ダイジェスト
「 kakukakukikaku(カクカクキカク)」

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/

—————————————————————————-

カテゴリー:ケイザイセイ