• ベンリ
  • ケイザイセイ
  • カンキョウ
  • カンドウ
  • キョウラク
  • シャカイセイ
  • シュウエキセイ

世の中を綺麗にするお掃除落書き

投稿日:2013年11月19日 作成者:カクカクキカク

戦略
清掃道具(高圧洗浄機)で街の汚れを落として作り上げる屋外広告

街の汚れを落としながら描かれる「リバース・グラフィティ」

街中の汚れを高圧洗浄機で落とす・・・と思ったら、キレイになったところから絵が浮かび上がる。
ステンシルの要領で汚れをキレイにしながら描かれる落書きが“リバース・グラフィティ”と呼ばれている。
まさに“逆”落書きである。

それをスウェーデンで屋外広告としてPRに利用したのがこのエミネムの新作アルバムのプロモーションである。
“汚れを落として”作品タイトルを印字してしまおうというアイデアなのだ。

落書き「グラフィティ」からすると逆転の発想が話題を読んでいる。

※「グラフィティ」・・・壁や電車に落書きをすること
キース・ヘリング、バンクシーといった世界的なアーティストが存在。通常は、スプレーなどを使い壁や電車に落書きをすることから器物破損など違法行為に問われることもある。
 

▲▼プランナーズアイ▲▼

リバースグラフィティは“街を綺麗にしながら描ける落書き”であり、落書き+“汚れを落とす”ことで迷惑行為ではなく、街の美化活動への貢献につながる

付加価値が魅力的である。

それを屋外広告として活用すると、広告が増えるほど街の汚れが落ちることになり、屋外広告での景観破壊は根本的に解決するのではないか。

最近、ディズニーランドのお掃除係がキャラクターを描くパフォーマンスが話題になっているが、さらに汚れが落とせたらもっといいかもしれない。

また高圧洗浄機メーカーは名所を掃除する社会貢献プロモーションをしているが現場に社名は残らない。

怪盗ルパンのようにその場に軌跡を残せる清掃方法になったらもっと魅力的である。

 


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:カンキョウ , シャカイセイ

いつでもどこでも 本格的&贅沢なひとときが実現できるプレミアムペットボトルの抹茶飲料

投稿日:2013年10月4日 作成者:カクカクキカク

戦略
一見、無色透明な水、飲む直前に抹茶を点てる画期的なお茶のペットボトル飲料。

ボトルデザインによる新・プレミアム抹茶飲料

「遥香」は、いつでもどこでも新鮮な抹茶を手軽に飲める画期的なペットボトル飲料である。
茶の鮮度を完全密封で維持する独自の「フレシエ・キャップ・システム」を実現することで抹茶と水が別々になっていて、飲む直前にミックスして楽しむことが可能となった。

これにより、保存料などを一切使うことなく、飲む瞬間に抹茶そのものの豊かな風味が再現される。
さらに、飲む直前に水と鮮やかな抹茶が混ざる視覚的楽しみもある。
飲み方は、至って簡単。
キャップをひねって、縦に振るだけ。完全密封で閉じ込められていたひきたての抹茶の香りと味がその場に蘇るのだ。

茶葉には、茶師十段・山口真也さんとともに吟味を重ね、全国一の玉露の産地として知られる福岡県八女・星野の伝統本玉露製法でつくられた高級抹茶が使用されている。茶葉の旨みを最大限に引き出すボトルドウォーターは、伊吹山系より採取した水を硬度約1mg/Lにした純水で、クリアなおいしさを追求したものが使用されている。
容器の性能UPは素材へのこだわりも活かすことが可能となった。

“”

まるでお茶室でいただいているような贅沢気分に。

さらに、キャップが小ぶりのグラスになっているため、そこに少しずつ注ぎながら飲むと、本格的なお茶の時間が楽しめる。 遥香は、茶摘みの最盛期である八十八夜=5月2日より、Webサイト(http://www.freshie.jp)および百貨店など、歌舞伎座等、プレミアムなひとときにふさわしい場所で販売されている。

▲▼プランナーズアイ▲▼
「お茶を点てること」を楽しむシチュエーションに趣向を凝らした茶室(場所)はいくつも見てきたけれど、抹茶の風合いはそのままに「お茶を点てる」行動そのものをデザインで解決したプロジェクトとしてこの抹茶飲料は秀悦である。
今までは薄茶(通常のお茶)等、抹茶本来の風味などはやや薄れた飲み方で日常にお茶を楽しんでいたが、デザインと技術により、現代にふさわしいお茶の点て方でお茶を楽しめることになったのだ。

このような容器の革新により、今後 茶室、器等 “豪華絢爛”で敷居の高い楽しみ方ではない“アバンギャルド茶道”が発展する日も近いだろう。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:キョウラク , シャカイセイ

結果的に都会の川で泳げるプール誕生!

投稿日:2013年9月20日 作成者:カクカクキカク

戦略
川の水を浄化利用する巨大「+型プール」を川に浮かべる

ある意味で、インフィニティプールより親水性あるプロジェクト。川で泳げる?!

ニューヨークの川に「+」型のプールを浮かべよう、という「+POOL」プロジェクト
建築家やデザイナーチームが主体になり、2010年にアイデアを公開し、現在、出資者や協力者を募りながら、調査を行っている。

「川にプールを浮かべる」ことで、川から見える景色を眺めながら、泳ぎを楽しめる。
だけれど、川に直接入って川を汚すこともないし、体を汚すこともない。
技術革新により、環境共生の1つの答えである。 建築という側面で見ても、土地に固定した建物をつくらず、川に浮かべるので、設置や撤収が容易。このフレキシブルな建築方法も魅力的である。

インフィニティプール・・・プールの淵が海側(そうでない場合もあります)に切られており、まるで海とつながっているかの様に見えるプールの事

 

 

 

▲▼プランナーズアイ▲▼
2020年のオリンピック開催が東京に決まり、賑わいムードでありますが・・・なんと22箇所が2733億円かけて新設されるらしい。そのうち11箇所は常設施設。

人口減少、財政赤字等々・・・使う人も減るし、そもそもお金は大丈夫だろうか?とどこか課題は山積みと思われる我が国であるが、オリンピックのイベントに訪れる人々に“おもてなし”の一貫として施設整備する様子。
その数々の課題解決を示唆するようなプロジェクトである。
環境に優しく、私たちも自然環境の中に溶け込み、エコでエコロジー、エコノミーな共存を示唆している。
とは言っても、開発される東京湾岸エリアは楽しみである。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


廃棄される花をアップサイクル

投稿日:2013年8月13日 作成者:カクカクキカク

戦略
廃材になる生花に注目し、社会貢献とオリジナリティを活かすドライフラワー作品。

お花を送る思いを大切に受け継ぐ、つなげる「SHY FLOWER PROJECT

パーティーやテレビ番組などで飾られたあと、生ゴミとして捨てられる大量の花がある事にショックを受け、大学の同級生である2人ではじまった、捨てられる花を再生させるプロジェクト。
中には飾られてから1〜2時間で撤去しなければならない花もあるそうで、 泣く泣くお花を捨てなければならないお店の方の思いと、花自身の思いの、両方をつなげる活動として考え、生まれたプロジェクト。
廃棄花の事を「SHY FLOWER」と呼ぶことに由来し、活動名は「SHY FLOWER PROJECT」と名付けられたそうです。

内容は
①廃棄花を回収。
②ドライフラワーにする。
③そのドライフラワーを用いてフラワーデザイナーがコサージュなどに仕立てあげる。

その際、ドライフラワーの耐久性に弱さを柔らかくて丈夫なプリザーブドフラワーで周りを囲むように混ぜ、補強することで耐久性を向上。
また、一般的なお花の仕入れとは異なり、そのときいただくお花を使用するため、全て完全な一点もの。
耐久性の補強と廃棄花の数量によるオリジナリティのメリットも実はある。

彼女たちは生活中で生花を飾る文化のあまりない日本に今後、日常的にお花を取り入れ、活用していただけるような工夫やアイディアを紹介していきたいという社会貢献的ビジョンも見据えている。

Photography: Kentaro Hanamura からお借りしました。

▲▼プランナーズアイ▲▼

生花に接する機会といえば、母の日、冠婚葬祭、パーティ・・・・。
頂いて帰ってくるもあっという間に枯れてしまう。
美しく綺麗なものではあるが、どこか日常的ではないイメージがある。
一方、緑化は日常化ブームの兆しで、ベランダ緑化・・温暖化対策、家庭菜園・・・収穫、食べれる菜園手軽にみんなが取り組んでいる。

その生花の状況打開に一役をかうかもしれないのがこの「SHY FLOWER」プロジェクトである。
送り主の気持ちが込められた花が一瞬で役目を終えることなく、つながって再活用されるところが魅力的である。

このドライフラワーをもっと素材として安価に活用できるとお嫁修行のお花、オバサマたちの社交場花道・・・の敷居の高い生花講座からワンコインでつくる花アレンジハンドメイド講座が盛んになるかもしれない。
そうすると華やかさが日常に体現できる。

このプロジェクトはビジネスとしてドライフラワーに“感情、感動”というウェットな要素を取り入れた秀業ではないか?


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・ 「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、 「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」 の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/

カテゴリー:カンキョウ , シャカイセイ

世界一即戦力な男

投稿日:2013年4月19日 作成者:カクカクキカク

戦略
自己PRの特設サイトで人事担当者を募集

採用をすること自体が即戦力

東洋大学文学部の菊地良氏が、就職活動の一環で「世界一即戦力な男」と称して立ち上げた自己PRサイト。

企業の人事担当者に向けた、自身が即戦力な理由を、経歴やワークビジョン、ポエム、推薦者の声といった形で掲載しているのだが、経歴では左手を骨折したこと、TOIECスコアを160点取得したなど、即戦力としては考えられない内容となっているのだが・・・

Facebookの「いいね」は1万9千件以上、Twitterのツィートは5000件近くにまで達し、更に採用オファーと出した企業は50社以上もあり、驚異の反響を得ている。

現在では、最も熱烈にオファーをかけたWEB制作会社LIGに入社が決まったそうです。

▲▼プランナーズアイ▲▼
 通常では考えらない就職活動の手法だが、WEBという媒体を上手く活用した、ぶっとんだ面白い例。

内容は正直、意味不明で、一体、何が即戦力かもわからないが、それが面白さを生みだし、FacebookやTwitterの反響へと繋がった。

WEB業界に限らず、企業にとっては、いかに自社を目立たせ集客へ繋げることが重要な訳だが、今回、採用をした株式会社LIGは、元々WEB業界内では名前の知られている企業ではあったが、菊地氏を採用することで、業界外にも知られることのキッカケとなった。

そう考えれば、菊地氏は、採用した企業にとっては間違いなく即戦力な人材だったと言える。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:キョウラク , シャカイセイ