• ベンリ
  • ケイザイセイ
  • カンキョウ
  • カンドウ
  • キョウラク
  • シャカイセイ
  • シュウエキセイ

いしのまきカフェ「  」(かぎかっこ)

投稿日:2013年4月12日 作成者:カクカクキカク

戦略
市役所のスペースを使った被災地支援事業

カフェ事業を通して、高校生の教育を支援

被災地の支援は小中学生が中心で、高校生への支援が不足気味、また石巻市は被災により経済情勢が厳しく、若者が進学や就職の為に市外へと離れていく懸念があるそうです。

その中でより地元・石巻市との繋がりを強めつつ、不足している高校生への教育支援の一環として、2012年6月よりいしのまきカフェ「  」(かぎっこ)は始まりました。

高校生は全てボランティアで、当初は商品開発・空間デザイン・情報発信の3チーム構成で、チーム毎に専門家を付け、アドバイスを受けつつ、さらに町の住民と協力を得ながら運営を開始し、今では、更に1チーム(マネジメント)が加わり、計4チーム体制となっています。

学校の授業や、単なるアルバイトでは味わえない、起業に近い体験をできる場として、好評を得ているようです。

▲▼プランナーズアイ▲▼
教育インフラが不足している被災地に限らず、高校生の教育の場として、他の地方でも活用できるのではないでしょうか。

「やれアントレプレナー養成だ!新経済サミット結成だ!」などの起業家育成、援助の施策より、よっぽど実践的に会社やマーケティングを学べるいいアイデア。

今、本当に必要とされていることを実施し、利益(この場合は少し違うが)を得るという、企業本来の形を若い内から体験できることは「大学卒業→就職」といったパターンから抜け出し、活力ある日本を創る源となる!

しかし、彼らも運営を積み重ねていく内に「やれ資金繰りがどうだ!、人員整理は?」などといった生臭い部分で、胆力を必要とすることに直面させるには、まだ早いか?

それにしても、彼らが大人になったら「細々やっている企業は市場から撤退しろ!」などと、近所の商店や町工場に言うようになるのだろうか?


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:シャカイセイ

大人はキッザニアではなく 「仕事旅行」で 職業体験

投稿日:2013年2月26日 作成者:カクカクキカク

戦略
普段馴染みのない仕事の現場を1日体験できる 日帰り旅行ツアー

小さい頃憧れ・・・の実現、そして生き方さえかわるかもしれない職業体験「仕事旅行

「仕事旅行」は、生花店をはじめ、バリスタ、イルカトレーナー、農家、漁師、バイヤーなどバラエティーに富んだ46種類の仕事が体験できる大人の職業体験旅行である。

旅費は、いわゆる“日帰り旅行”を目安にほとんどが1日で完結し、費用の多くは1万~2万円くらい。

開業にあたり代表の田中氏は、人気の仕事ランキングといったデータを基に、自分が体験してみたいという視点で数々の現場へ協力を直接交渉し、まずスタッフ自らが1日体験をしたという。

その中から興味を持てたものを商品化、同社サイトには体験の様子もレポートされている。

自分の目で、憧れの職業を確かめられるのが人気につながっている。

人気ナンバーワンは、開業当初から変わらず生花店。

それに続くのはカフェオーナーや、雑貨店。

ほかにも眼鏡職人(木製のフレームを作ってお土産にできる)、左官職人(自らリフォームする際の参考になりそう)なども意外と人気が高いのだという。

参加者は高校生から60代までと幅広い。

メインは20代後半から30代前半で女性が8割を占めており、1人で参加する人が多い。

▲▼プランナーズアイ▲▼
「キッザニア東京」はこども達が好きなお仕事にチャレンジし、楽しみながら社会の仕組みを学ぶことができる “子供向けの職業体験型テーマパーク”として話題になったが、「仕事旅行」は社会の仕組みを知ったけれど、やっぱり好きだった、憧れだった仕事についてみたいを叶える“大人向けの職業体験”サービスになるのだろう。

今、我々の仕事で“いわゆる3K” の人材募集、活性化に関わる依頼が多いのですが、これなんか、ピッタリ!!っと思いました。

現にディズニーランドなんかでは「カストーディアル・キッズ」(ディズニーでは清掃のことをカストーディアルと呼んでいる)称し、有料の子供向け清掃体験イベントを実施し、好評とのこと。

信じられませんが事実です。

今、人材不足で悩む、3K企業の経営者達。

大いにこの旅行を活用しようではないか。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:シャカイセイ

WESC Karmatech

投稿日:2013年1月18日 作成者:カクカクキカク

戦略
シューズを活用した、新しいSNSの使い方

新たなO2Oプロモーションの可能性?

スウェーデンのデジタルスクール「Hyper Island」の学生とWESCというストリート系ファッションブランドとの共同プロジェクトで埋め込み型RFIDチップを搭載した靴を開発

WESC Karmatech

チップを搭載した靴を、所定の場所にセットしてある、専用ボードリーダーに読み込ませることで、オンラインへアクセスし、携帯通信端末を使わずにTwitterやFacebook等のSNSに、今、自分がドコにいるか等を、自動で投稿してくれる仕組み。

新たなO2Oプロモーション商品として、今後の利用に期待ができる。

▲▼プランナーズアイ▲▼
身近なものでNFCを利用したものといえば、主に公共交通機関に利用する、SuicaやPASMOなどのFelicaがある。

※NFC=Near Field Communication(近距離型無線通信)の略称

またRFID搭載のシューズならフィットネスの計測に利用する、ナイキやアディダスの商品が思いつく。

しかし,この「WESC Karmatech」は、それらとはまた違った形でNFCを利用している。

今後の利用方法として、飲食店等に設置し来店するとクーポンが貰える等が考えられるが、(個人的な意見にもなるが)スポーツクラブでの導入をしてみてはどうか?

スポーツクラブではカード型のNFCを利用して入退館の管理を行っているが、シューズ型にすることで取り出しの手間や紛失を防ぐことができる。

またデザインを独自のものにし、クラブへ通う時に履く事で、宣伝も兼ねることができる。

このように良好な機能となりうるが、例えば、ボーリング場のレンタルシューズなどでの利用でその靴を履けば、すべてストライク。

立食パーティなどで招待客の識別がウエイターに出来、好みのカクテルを即座にサーブ出来るなど、面白いこと満載になる可能も秘めている。

しかし、一番、市場改革となるのは未だ、靴使用率50%と言われる中央アフリカなどでの普及であろう。

このシューズが残り50%に普及すれば、一気にサバンナはハイテクフィールドとなり、中国どころの市場規模ではない世界の工場、世界の消費メッカとなること請け合い。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


家庭用シェルター「ノアプラス」

投稿日:2012年12月28日 作成者:カクカクキカク

戦略
震災以降のニーズにマッチング!?

新しい「一家に一台」の商品

クラフト株式会社が販売している家庭用防災シェルター。
(本体寸法:直径1.2m / 本体重量:約80kg)

コンパクトサイズで大人2人で持ち運びができ、室内での設置が可能。

安全性試験で、7.2tの荷重や高さ15mから海面落下をさせても変形することなく、本来の機能を保つ耐久性が実証されている。

最大4人が収容可能で、地震や津波、台風や河川氾濫などの災害時に安全を確保できる。

またオプションでGPS機能、遮熱塗装、小型蓄電池、発砲ウレタン内装、耐火防水金庫があり、ユーザー希望に応じて防災機能の向上が可能。

放射能遮断効果は不明だが、これからの家庭常備品になりうる優れた商品。

▲▼プランナーズアイ▲▼
マンションなどで、全戸装備にすれば購入促進になるだろうし、さらに今後マスト商品になりそうな気配が感じられる。

そもそも48万円というのは高いか、安いか?

安全、安心な水を金で買うことが、日本でも久しくあたり前になっており、震災後ニーズがハッキリしてきた中、4人で換算すれば1人頭12万円程度、3人では16万円程度、2人では24万円程度・・・まあ、安いといってもいいのではないでしょうか?

但し、設置場所としてリビング?寝室?目立たないところでは、ウォークインクローゼットなどが考えられる。

いずれにしろ、大昔のカラーテレビのように家具調やオブジェ的にしつらえ、インテリアとしての側面も利用価値に組みこまれると、この48万円のブツは、スマートエアコン、スマート冷蔵庫、スマート洗濯機などの白物家電に次ぐ購入順位となりうるでしょう。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:シャカイセイ , ベンリ

東京メトロ「東西線早起きキャンペーン」

投稿日:2012年12月18日 作成者:カクカクキカク

戦略
早起き促進で、混雑緩和を促進!

早起きは三文の徳!?

東京メトロは、東西線の朝ラッシュ緩和対策として「東西線早起キャンペーン」を実施。

キャンペーン期間は2012年12月3日(月)~2013年2月28日(木)の平日(12月30日~1月3日は除く)。

対象は東西線の南砂町~茅場町駅のいずれかの区間を含む IC 定期券を持ち、西船橋~門前仲町駅のいずれかの駅を利用している方。

期間中の設定時間帯に、対象各駅に設置された専用端末にIC定期券をタッチ、「早起きカウント」が時間帯に応じて 3 カウントまたは 1 カウント貯まる。

キャンペーン終了後、累計のカウント数に応じてギフトカードなどをプレゼントされる。

また提携店舗でもIC定期券を利用するとポイントがたまるタイアップ企画も実施中。

因みに東急電鉄でも「早起き応援キャンペーン」が実施されている。

▲▼プランナーズアイ▲▼
首都圏に暮らす上で、大きなストレスの一つといえる朝の通勤ラッシュ・・・そんなラッシュ緩和を図るべく行われたこのキャンペーン。

実は東京メトロでは、以前から、ピーク時の乗車率低下をするべく「早起きキャンペーン」が行われていた。

しかし効果の程はまだまだのようで、今後の発展に期待がかかっている。

思うに「早起き」だけでなく、「遅起き」(会社によるが)のキャンペーンも併用してはどうか?

その「遅起き」には企業の理解と協力が必要である為、特典内容に「定期券の割引」を含み企業の交通費削減に助力するというのはどうか?

特に社員数の多い大企業ほど、交通費にかかる負担は大きくなる。

これをネタに企業の積極的な協力(「遅起き」可能な出社時間の適用)を得ることで、混雑緩和への促進に繋がる・・・かもしれない。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:シャカイセイ