• ベンリ
  • ケイザイセイ
  • カンキョウ
  • カンドウ
  • キョウラク
  • シャカイセイ
  • シュウエキセイ

日本の「かわいい」は子供の成長記録にまで及ぶ・・・

投稿日:2012年11月6日 作成者:カクカクキカク

戦略
子供の成長記録は写真館ではなく、自宅ベッドルームにてママスタイリングで実現・・・

日本の「かわいい」を日常、素人ママがつくる!

寝ている赤ちゃんの寝相を生かし、 更に周囲に演出を施すことで一つの物語を作る「寝相アート」。
製作者は小出真朱さんで、今夏には作品を収めた本も出版されています。
1安眠のジャマをしない!

2世界観はハッピーに!

3赤ちゃんが寝返りを打ったら潔くあきらめる!

上記の3つが、『ねぞうアート』の鉄則。

「寝ている間に勝手に写真を撮って、将来子供が喜んでくれるか自信がない」 とインタビューにはありますが、アート作品に参加できたと考えると家族との思い出以上の 喜びにつながるでしょう。

既に書籍もでていますね。

▲▼プランナーズアイ▲▼
子守をインタラクティブアート(その場で参加型アート)の域まで達していることはすごい。
こでは、今は写真が媒介しているが、動きある映像も増加する可能性がある。
タレントプロダクション、出版、TVが加わり、一大産業になる可能性が高い。

例えば、朝のワイドショーで犬の行動を取り上げるスポットが子供に入れ替わるかもしれない。
プロダクションは寝相アート専門のタレント育成も行われるだろう。

篠山紀信さんの人物写真、加納典明さんのヌード写真のように新しい寝相アートカテゴリーで有名になる写真家が登場する日も近い。

私もその端くれとして・・・挑戦してみました。100日のお食い初め記念です。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:シュウエキセイ

化粧品デザインの可愛さをステーショナリーに採用

投稿日:2012年10月9日 作成者:カクカクキカク

戦略:同じ女子校生ターゲット向けとして、ターゲットイメージを共有した商品開発により、相乗効果を期待する。

化粧品の様にときめく文房具?!

 

画像はおかりしました。
三菱鉛筆が、資生堂のメーキャップブランド「MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョルカ)」とコラボレーションしたボールペン「スタイルフィット マジョリカ マジョルカ」を発表した。

「MAJOLICA MAJORCA」の2012年夏のメーキャップアイテムにインスピレーションを得て、”サイケデリシャス”(=サイケデリック+デリシャスの造語)な5色ホルダーやゲルインクボールペンを展開。

「バナナクレープ」や「はっかソルベ」、「苺カカオ」などスイーツのようなネーミングで、数量限定販売されている。

 

 

▲▼プランナーズアイ▲▼
化粧品は自分を可愛く飾るもの・・・その容器は「美しくなれそう」、「かわいくなれそう」なスペシャルな気分を演出してくれるデザインである。そのかわいさを存分に生かした文房具がこれである。

これはお化粧が10代に定着しているからこそ、実現した企画。ある意味、10代の高校生は化粧が定番化し、自分は“子供”と思っていないのかもしれない。

今までは10代の若い彼女たちの新しいライフスタイルや発想をもった世代といわれてきましたが、ここへ来て、彼女たちは新しい価値観を持つ世代とはいいきれないかもしれない。

と商品開発をするメーカー側も一層の難しさを乗り越える開発戦略として、異業種コラボレーションを実現したのかもしれない。

この苦肉の策的なコラボレーションは、ターゲットの女子高生にとって化粧品のかわいいパッケージを文房具応用にすることで、安く買えるし、授業中、一日中眺めてもいいことになるため、嬉しいコラボレーションであるでしょう。

でも、世の中にとってもっと嬉しいことは、赤青鉛筆のようにペンシル型アイブロウやアイラインとボールペンの両方の機能をもちあわせることかもしれない。

それこそ、開発に限らず、製造過程までもが効率化されたコラボレーションになり、工場までもが効率的に可動することになる。

これこそ、話題沸騰になるに間違いなし!


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:シュウエキセイ

女子向け賃貸住宅リモデルプラン「女子部屋つくる。」

投稿日:2012年10月2日 作成者:カクカクキカク

戦略:“女性向け”によって空室率対策につなげる。

賃貸なのに自分好みの部屋になる!

通信施設インフラ整備、住宅設備事業、個人情報保護第三者認証コンサルティングを行う、株式会社ライフスクエア(本社所在地:神奈川県川崎市)は、業界初の“女性にターゲットを絞った”賃貸住宅の空室対策用リモデルプラン「女子部屋つくる。」を発売。

「女子部屋つくる。」は、「女性のひとり暮らし」に安全と快適さを提供する、“いまどき女子”にマストな設備が揃うオリジナルの賃貸ルーム。
 
具体的「女子部屋つくる。」によるリモデル部屋は・・・

●基本スペック
ネットワークカメラ(防犯カメラ)、モニター付きインターホン/オートロック/デジタルキー、温水洗浄便器(ウォシュレット)、シャワードレッサー(エコシャワー)、浴室乾燥機/浴室物干し、無料ブロードバンド、BS/CS(スカパー光)放送の搭載。
さらに満足度を深めるために「カスタマイズプラン」も導入。
入居者が好みの内装や設備・家具を自由に選択し、部屋を自分仕様にカスタマイズできる。

カスタマイズは大きく2つのラインがある。

①基本のラインナップ(設備系)
オーダークロス(壁紙)、タイルカーペット・クッションフロア、キッチン模様替え、オーダーカーテン、照明カスタマイズの5つ。

②オプション(入居者別途負担のインテリア系)
家具・インテリア・家電・観葉植物などを数百点から選び、パンフレットから購入が可能。さらに、ペット用室内カメラ、宅配ボックス、防音設備、食器洗浄乾燥機、給湯器、浄水器など。

また、「女子部屋つくる。」では、業界初の「敷金・礼金の費用で、部屋のカスタマイズを行う」ユニークな料金制度を導入。

初期費用が安くすむうえに、自分好みの部屋が手に入るお得なシステムになっている。

【例】賃料7.5万円のアパートの場合

・同駅人気物件場合・・・
敷金2ヶ月+礼金2ヶ月+仲介手数料1ヶ月の初期費用=37.5万円・・・となるところを 

・同駅で空室の物件で“女子部屋つくる”を採用した場合・・・初期費用7.5万円+カスタマイズ費用7.5万円(分割可)=15.0万円のみで入居が可能。

比較すると総額22万5000円が値引かれていることになる。

ただし、退室時にクリーニング代(3万円程度)が別途かかる場合がある。
(物件毎に違う。)

カスタマイズスタンダードプランはどの物件も採用されることが多く月額6350円を払うことにもなるが。(約2年9ヶ月で22万5000円に相当)

「女子部屋つくる。」では、入居者は「賃貸なのに自分好み」の内装の部屋に住めて、物件オーナーは低コストで既存物件を女性向けマンションに変えることができるメリットがある。

▲▼プランナーズアイ▲▼
賃貸は現状復帰義務があるから、借り物は丁寧に・・・と、いじることは半ば諦めていましたが、そんな人にこの企画は朗報。

ついでに敷金・礼金とたっぷり取られるけれど、それは使わせてもらうため&使ったあとのお手入れのために使うお金でした。

それでは、貸していただいて恐縮です!とばかりにどこか遠慮の毎日・・・いつか自分の持ち家を持ちたいと思うに決まってます。

ところが、賃貸でも自分好みな理想な住まいを手に入れられる。

ずっと住みたい賃貸が登場し、35年ローンは背負わなくて遠慮もない自由な毎日が実現可能になりました。

人口減少に伴う、都心での空室率増加問題の一方で、新築持ち家志向が強いギャップの激しい社会構造が、この企画により、やっと空室が減りマッチングした方向に向かいそうです。

メデタシ、メデタシですが、女子部屋、女子力、女子会・・年齢関係なく、女性ばかりマーケティングの主力にするのはどうか?男女平等に反するのではないか?そう思うこと自体が女々しいのか。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:シュウエキセイ

幻のフリーペーパー「美少女図鑑」

投稿日:2012年8月3日 作成者:カクカクキカク

戦略:一地方誌が各地域とライセンス契約するビジネスモデル。

地方発のフリーペーパーが全国展開!

※動画は「鹿児島美少女図鑑」のもの。

知っている人は置いといて、知らない人が聞くとなにやらムフフな想像をされた男性もいるかと思いますが、この「美少女図鑑」熱心な読者は女性なのです。
なぜなら女性向けのファッション誌のような、タウン情報誌のような地域限定フリーペーパーだから。

「美少女を増やそう」という宣言の下、地方都市の新潟県で「新潟美少女図鑑」が創刊され、今では日本全国で出版されてる。
発行は年数回、発行部数が少なく市中に出回る期間が短い為、「幻のフリーペー パー」というキャッチコピーを与えた。

地元の服飾店や美容室などを広告主とし、地元の読者モデルやカメラマン・美容師などのスタッフを用い、フリーペーパーで発行したことが、リアル・クローズを着用しながらもモードの写真集のような紙面構成としたことが特色。

現在も各都道府県で発行され、今後は海外での発行も予定しているそう。

▼▲プランナーズアイ▼▲
この「美少女図鑑」、内容が面白いのはモチロンだが、ライセンス契約によって全国各地で展開をしていのが、なるほど!と思った。

もともとは新潟と同様に他都道府県で発刊をしたが、やはり地場の人で制作することが大切ということで、ライセンス契約の募集をしたことで全国に広まっていった。

ライセンスと聞くと、Google、Apple、MicrosoftといったIT企業の特許戦争をイメージする。ディファクトスタンダートを得ることで利益得るという意味では、この「美少女図鑑」もひとつの標準をつくることで成功したビジネスモデルといえる。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:シュウエキセイ