• ベンリ
  • ケイザイセイ
  • カンキョウ
  • カンドウ
  • キョウラク
  • シャカイセイ
  • シュウエキセイ

クールシェア

投稿日:2012年8月14日 作成者:カクカクキカク

戦略:危機感、節約などの「仕方なくする」ことを楽しく、知的で貧乏臭くない「積極的参加」に転換

 環境変化へのライフスタイル対応

熱中症の年々の増加や震災以来の電力問題、そこから来る電気料値上げに対する諸策。その中で街ぐるみ、地方自治体ぐるみで取り組まれつつあるのが「クールシェア」だ。中でも国内観測史上最高気温40.9℃を記録した埼玉県熊谷市の取り組みなど、話題になっている。

展開のパターンは概ね、4つ。①:「個人家庭のクールシェア」は各室の冷房を止め、一室に家族みんなが集まり、そこで冷房なり、夕涼みなどを行う。②:「自然でクールシェア」は家から出て、公園などの木陰、水辺などで涼むことを実践する。③:「施設でクールシェア」は家を出て図書館や喫茶店など店舗、施設の溜まり場で涼み、コミュニティ活性化と店舗の活性化にも助力。④:「街でクールシェア」は地方自治体が街の至る所でクールシェア・スポットを設置し、熱中症防止、電力節約を推奨する。

▼▲プランナーズ・アイ▼▲
要は“涼しいところにみんなで集まって過ごそう、そのために 楽しく、貧乏臭くならないようにしよう。“ということ。
街の店舗の活性化にはなるだろうし、コミュニケーションも活発になる。特に貧乏臭くなくするにはコミュニティをソサエティ(もっと社交的に)することだ。

施設や自然に集合する時は、服装、アクセサリーも考えるようになる。クールビズの影響でカジュアル一本やりの風潮の中でネクタイやシャツ、本格革靴、スカート、ジャケットなど、衰退しつつある商品は、また息を吹き返すだろう。みんなで楽しめるアナログなゲームなんかも復活するだろう。

都心のタワーマンションや高級マンションも部屋のゴージャスさを競うのではなく、今まで単なるロビー扱いしかされなかった共有部の空調機能の能力や、そこでのソサエティ性が問われてくるはず。もう、金持ちでもタワーマンション最上階の部屋でバスローブ着て、ふんぞり返っている時代ではないのです。

だから、これからは一階の共有部でみんなでトランプしたり、お茶したりするイベントを企画、実行する能力が問われるのです。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/