• ベンリ
  • ケイザイセイ
  • カンキョウ
  • カンドウ
  • キョウラク
  • シャカイセイ
  • シュウエキセイ

「Contrex(コントレックス)」参加型エンターテイメントによるPR

投稿日:2012年10月30日 作成者:カクカクキカク

戦略
参加型プロモーションでダイエットを楽しく・愉快に応援する

実はフィットネス向けミネラルウォーターの(リ)ブランドイメージ戦略

国内でも発売されているミネラルウォーター「Contrex(コントレックス)」のユーザー参加型のプロモーション。

第1弾エアロバイク

第2弾ステッパー

コンセプトは『ダイエットに励む女性を楽しく・愉快に応援するブランドである』ことを市民に示唆することが狙いです。

フィットネスとエンターテインメントと組み合わせ、街中をまるでライブ会場ようにする、海外らしく大胆な演出です。

コントレックスとは・・・
コントレックスは、名前の由来となったフランスのロレーヌ地方のコントレックスヴィルが産地で、硬度1,482と極めて高い超硬水(日本の水道水は硬度80程度)、これはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれているためです。

90年代前半から日本でも通信販売を中心に販売され、ダイエットに良いという風評から、女性を中心に人気を集めていきました。(参考:Wikipedia

▲▼プランナーズアイ▲▼
このコントレックス、ダイエットに良いという話や女性モデルが愛飲していることから、発売当初は「コントレックス=痩せる水」みたいに錯覚しているユーザーが大半だった。

そんなやせ薬的魔法の水ではなく、実は「コントレックス⇒美しい肉体づくりを助け、結果的に痩せる」ので、これはコントレックスのイメージをリブランドするプロモーション展開です。

震災時の水パニック経験から、日本でのミネラルウォーターニーズ拡大は顕著であり、その差別化は水の成分だけに限らず、炭酸水&ウォーターサーバーが可愛い&デザインボトル&エコボトル等&限定ボトル等・・・多岐に渡る。

但し、水は日常水として使えることがマストになってきている。

そこで、コントレックスは水としてではなく“トクホ”栄養補助用水としてブランドするのがいいかもしれない。あのメタボ防止のお茶達と一緒に並ぶのである。

その中では圧倒的におしゃれだし、女子向け商品としてのイメージは定着しているのですし。

そして、日本の節電にあうクリスマスイルミネーションに“屋外クラブ風イベント”発電エアロバイクナイトin歴史遺産を実施してはどうだろう!! 歴史遺産(今なら話題の東京駅)でエコで痩せてさらに楽しい・・・。なんってのもいいのではないか?!


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:キョウラク