• ベンリ
  • ケイザイセイ
  • カンキョウ
  • カンドウ
  • キョウラク
  • シャカイセイ
  • シュウエキセイ

子供が描くキャラクターがぬいぐるみに・・・!

投稿日:2013年4月5日 作成者:カクカクキカク

戦略
世界に1つのキャラクターぬいぐるみが子供のデザインで作成。

子供市場での「オーダーメイド、オリジナルキャラクター、自己製作」ニーズ対応策。

キュリオシティジャパン株式会社が、子どもが描いた絵を送ると、それをぬいぐるみにしてくれるサービスを提供している。

手順

①子どもが描いた絵を撮影して、画像データを同社に送信。
②それが海を渡ってアメリカのオレゴン州ポートランド在住のデザイナーグループの元に送られる。

★現地では、デザイナーがそのデータを“原画”にして、オリジナルのぬいぐるみを作成してくれる。

→お子さん×プロのデザイナーのコラボによって
完成したオリジナルのぬいぐるみが我が家に届けられる。
「自分が描いた絵が海を渡り、アメリカで形になる。」
そんな現実に、まず親がワクワクし・・・子供もワクワクするのだろう。 

▲▼プランナーズアイ▲▼

この企画のミソは自作、「手作り+海外デザイナー」。

これにより“プロアマ”と言う新しい商品カテゴリーがつくられることであろう。

この企画そしてそこから生まれる製品は 依頼者から離れ、全く関係ないユーザーが購入する・・・といったプロセスになって初めて商品になるのだろう。

自分の子供が描いた絵を記念にお金を払って、製品化するなどのミクロ市場から“〇〇家の三男がデザインしたアーティスティックな商品”・・〇万個完売!!

となることを祈る。

今ならお試し価格でできるらしいです。詳細は→ここまで


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:未分類

ビスコとあなたがコラボレーション “スマイルビスコ”

投稿日:2013年3月26日 作成者:カクカクキカク

戦略
あなたも“あの”ビスコ坊やになれる?!

みんなが知ってる、愛されている、ビスコが記念日&プチギフトに。

江崎グリコ株式会社は、自分の好きな画像を使用し、オリジナルパッケージの 『 ビスコ 』 を作って、購入することができるサービスを
2013年 3月 1日(金)から開始した。
専用の WEB サイト 「 スマイルビスコ 」 では、 『 ビスコミニパック 』 のビスコ坊やと商品名の箇所をオリジナルの画像や文字に置き換えることが可能。

さらに、簡単なメッセージも追加することができ、 1セット 20個単位で注文が約 1週間で可能。 入園や卒園時のギフトや友人同士のコミュニケーションのツールとして活用を見込んでいる。

『 ビスコ 』 は今年で 80周年。
そのおいしさや安心感で幅広い世代に好評なのはもちろん、 長期保存が可能なビスコ缶などのラインアップを展開していることで、 2012年度の売上げは過去最高となる 50億円以上になる見込み。
これからも、家族みんなから愛されるやさしいビスケットとして、さらなる浸透と拡大が期待される。

▲▼プランナーズアイ▲▼
みんなが食べていた“認知度”と実は非常食にも使える“機能性”を兼ね備えているのがビスコの特徴。
そのため、誰もがもらって困らないお菓子・・・記念品&プチプレゼントとして
注目し、味や中身を変えずにパッケージのカスタマイズのみで販売促進しているプロモーションがこれだ。

カスタマイズパッケージのつくれる同類のお菓子に比べ、これはキャラクターを生かし、“ビスコ坊や”に自分もなれる部分が魅力的である。

なんといっても・・・その仕上がりに魅了されているようだ。

ところで、この施策の版権はどうなっているのだろう。

例えば、お笑いタレントが不祥事を起こした時など、このパッケージにそのタレントの
写真やキャッチフレーズなどの添付し、ファンに配り、イメージダウン回避を図る!

汚名挽回などにも使えるだろうし、

人気マンガ家が正規ルートを通さず、勝手に自分で自分の創ったキャラクター添付のビスコを定価以上の価格で販売するなど、キテレツなことが想定できますね。

特に政治家など、選挙活動前から自分の写真とキャッチフレーズを添付したビスコを有権者に配り、認知度アップを図るなど出来ますね。

仮に違反になっても「お菓子をおすそわけするぐらい、何が悪い!」と開き直れます。
政治家諸氏、お試しあれ。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:シュウエキセイ

中小、ベンチャー企業だって欲しかった社員食堂を手に入れる方法

投稿日:2013年3月15日 作成者:カクカクキカク

戦略
WEBサイトをつくる(リニューアル)仕事で半年間のまかないを報酬としてうけとるプロジェクト

お金ではない報酬の得方「まかないプエオジェクト」

六本木のベンチャー企業TIMERSがウェブサイトを制作(またはリニューアル)をする代わりに、 自慢のまかないを半年間無償で食べさせてくれる六本木周辺の飲食店舗を募集するプロジェクト。

具体的にはウェブ制作に加え、来店時のソーシャルメディアへの情報発信やメンバーの関係者への紹介も適宜、行っている。

そもそもこのPJの始まりは、ベンチャー&中小企業だって社員食堂が欲しい。

と思ったことからはじまったらしい。

確かに毎日のランチは、仕事への重要な活力源でもあり、お財布にも健康にも大きく関係するもの。

最近は、ただ安いだけではない、こだわりの社員食堂も増えおり、焼きたてパンやデザートが充実しているカフェテリア形式だったり、低脂肪、カルシウムに注目した健康的なメニューがあったり、さらに、社員証を使って、食べた料理の金額や料理のカロリー数をチェックできるようになっている社員食堂もあるようだ。
また自社製品を使ったメニュー提供も積極的に行うことで社員の製品理解を深めるために一役買うことにも、つながっている。

このように様々なコンセプト、メニュー展開で注目をあつめる社員食堂が登場している中、今回は会社規模に環境設備投資できる限度がある中、小規模を逆手にとり、アウトソーシングする方法を模索している点が新しく、注目を集めている。

▲▼プランナーズアイ▲▼
金のやりとりが無いビジネス。ついにここまできたか。

以前、FREEというビジネスモデルが注目あったが、あれは実は別の金の窓口がある仕掛け。

今回のは正真正銘、金のやりとりはない。

今、若年経営者のブツブツ交換的ビジネスやあまった時間活用ビジネスなど、超隙間産業や経済の原点回帰見たいのが流行っているが、わかる〜。

今どき、ビッグビジネスなんて流れ作業だし、クリエイティブでない。

スモールビジネス=クリエイティブとの認識が生まれているのでしょう。

しかし、このビジネス(?)よく考えると、実世界での「ソーシャルネットワーク」ですね。

積極的に地域に溶け込む“ご近所づきあい” 活性化案です。

「一宿一飯の恩義」、「飯の種」、「おまんまの食いっぱぐれ」などなど、ビジネスで普通に使われている擬態語がホントになっちゃった感じのビジネスモデルでした。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:ケイザイセイ , 未分類

大人はキッザニアではなく 「仕事旅行」で 職業体験

投稿日:2013年2月26日 作成者:カクカクキカク

戦略
普段馴染みのない仕事の現場を1日体験できる 日帰り旅行ツアー

小さい頃憧れ・・・の実現、そして生き方さえかわるかもしれない職業体験「仕事旅行

「仕事旅行」は、生花店をはじめ、バリスタ、イルカトレーナー、農家、漁師、バイヤーなどバラエティーに富んだ46種類の仕事が体験できる大人の職業体験旅行である。

旅費は、いわゆる“日帰り旅行”を目安にほとんどが1日で完結し、費用の多くは1万~2万円くらい。

開業にあたり代表の田中氏は、人気の仕事ランキングといったデータを基に、自分が体験してみたいという視点で数々の現場へ協力を直接交渉し、まずスタッフ自らが1日体験をしたという。

その中から興味を持てたものを商品化、同社サイトには体験の様子もレポートされている。

自分の目で、憧れの職業を確かめられるのが人気につながっている。

人気ナンバーワンは、開業当初から変わらず生花店。

それに続くのはカフェオーナーや、雑貨店。

ほかにも眼鏡職人(木製のフレームを作ってお土産にできる)、左官職人(自らリフォームする際の参考になりそう)なども意外と人気が高いのだという。

参加者は高校生から60代までと幅広い。

メインは20代後半から30代前半で女性が8割を占めており、1人で参加する人が多い。

▲▼プランナーズアイ▲▼
「キッザニア東京」はこども達が好きなお仕事にチャレンジし、楽しみながら社会の仕組みを学ぶことができる “子供向けの職業体験型テーマパーク”として話題になったが、「仕事旅行」は社会の仕組みを知ったけれど、やっぱり好きだった、憧れだった仕事についてみたいを叶える“大人向けの職業体験”サービスになるのだろう。

今、我々の仕事で“いわゆる3K” の人材募集、活性化に関わる依頼が多いのですが、これなんか、ピッタリ!!っと思いました。

現にディズニーランドなんかでは「カストーディアル・キッズ」(ディズニーでは清掃のことをカストーディアルと呼んでいる)称し、有料の子供向け清掃体験イベントを実施し、好評とのこと。

信じられませんが事実です。

今、人材不足で悩む、3K企業の経営者達。

大いにこの旅行を活用しようではないか。


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:シャカイセイ

Emartの「Sunny Sale」

投稿日:2013年2月1日 作成者:カクカクキカク

戦略
QRコードと太陽光を活用した面白キャンペーン

お徳感×イベント感で販売促進

韓国のスーパーマーケット「Emart」は、12時から13時の売上UPを図るべく、「Sunny Sale」というキャンペーンを実施。

ソウルの街中に設置された、突起物の付いた謎のホワイトボード。

この突起部分が太陽に照らされることで影ができ、12時になると読み取りができるQRコードを作り出す。

QRコードを携帯電話のカメラで読み込みと、12時~13時の間だけ使える12ドル分のクーポンがゲットできる。

そのまま「Emart」のネットショップで、クーポンを利用して買い物ができ、後日、商品が届けられる仕組み。

当初は13ヶ所だったのが、最終的には36ヶ所に拡大し、なんと売上は前月比の58%UPになったそう。

▲▼プランナーズアイ▲▼
普段、QRコードを使ったキャンペーンは頻繁に見かけるが、ほとんど利用することは無く、他の人が利用するのも見かけない。

そんなQRコードを使い、多くの反響を得られたのは「12ドルというお徳感」に加え、特定の時間帯に、楽しみながらできるというイベント性にある。(更に、その場で即使えるという手軽さもある。)

このキャンペーン、ネットショッピングに限らず、野外で行われている音楽フェスタ、野球やサッカー等のスポーツイベント、マルシェ・ジャポン等で活用ができる。12時~13時だけでなく、売上を伸ばしたい時間帯の、販売促進に繋がるのではないでしょうか?

また夜の時間帯で売上が伸び悩む場合、ブラックライト(人工的だが)を使用して、夜にQRコードが浮かび上がる「Night sale」なんていうのはどうでしょうか?


「KAKUKAKU KIKAKU(カクカクキカク)」

世の中に溢れだす企画を・・・
「ベンリ」、「ケイザイセイ」、「カンキョウ」、「カンドウ」、
「キョウラク」、「シャカイセイ」、「シュウエキセイ」
の7カテゴリーで捉え、紹介する厳選企画ダイジェスト

http://www.maji-kikaku.com/kakukaku/


カテゴリー:シュウエキセイ